一般的に使い勝手の良いキッチンはたくさん発売されていますが、一番大切なのは、世間で売れているキッチンではなく、「私(自分)又は我が家」にとって使いやすいキッチンかどうか、どいうこと。「私にぴったり!」をキーワードにリフォーム計画を立てるのが特に重要です。

キッチン

 

どれくらいかかるの?ー期間と工事中の生活ー

期間


  • システムキッチンの取替のみ(現状と同じ型・サイズとの取替え)
    2日前後

※キッチンの型・サイズを変更の場合、又キッチン部の天井・壁・床等も同時に工事される場合は、その都度工事期間が変わります。

 

工事中の生活


工事中はいつもと同じように生活できます。
ただし、工事中はキッチンの使用はできません。又、工事中一時的に断水になることもあります。
新しいキッチンは通常工事2日目の夜から使用可能。
接着剤・充填材等の硬化を確保するため使用を制限されることもあります。

  キッチン工事中

 

キッチンリフォーム、みんなのキッカケ

  1. キッチンの収納力に不満が出てきた
  2. 毎日のお料理をもっと楽しくしたい
  3. ガスコンロと換気扇が傷んで、扉もガタガタいうし…
  4. サイズアップしたい。調理スペースが狭い。
  5. 今使っている天板の高さが自分に合ってない。腰が痛い。
  キッチンリフォーム、みんなのキッカケ

 

どんな種類があるの?

大きくわけて3つあります。

フルオーダータイプ

シンク・コンロ・カウンターから食器棚までサイズや種類を要望に合わせて細かくオーダーすることが可能。

 メリット  最も自由度が高く、自分に合ったキッチンにできる。

 デメリット  注文後製造するため、他と比較して納期がかかる。フルオーダーのため価格も既製品より割高。

 

セミオーダータイプ

現在、戸建て・マンションともに最も普及しているタイプ。決められた範囲内で、サイズ・色・種類等が選択できる。最近は各商品ともオプション選択の幅が広がり、充実してきている。

 メリット  フルオーダータイプに比べ価格を抑えられ、また納期も早い。オプション選択の幅が広いので自分にあったキッチンができる。

 

ユニット・パーソナルタイプ

簡易型ミニキッチン。普段使うキッチンとは別に第二のキッチンとして使われる事が多い。

 メリット  コンパクトサイズなので狭いスペースに設置できる。価格も安価にて設置できる。

 デメリット  本格的な調理には不向き。

 

キッチン



キッチンリフォーム、選び方講座

収納スペースがもっと欲しい

今と同じキッチンのサイズでも、収納スペースを一層有効に活用できる工夫が施されたキッチンは多数登場しています。「開き戸からスライド式(引出し)収納に変えたい」という方がたくさんいらっしゃいますが、同じスライド式の収納でもメーカーによって大きさ・深さ・形状が異るので各家庭に合ったタイプを選択する必要があります。
「ウチはお鍋・フライパンが多い」
「食器類もたくさん収納したい」
「調味料がたくさんあるので使い勝手よく収納したい」
などなど、要望、悩みは様々。各メーカーのキッチンのカタログに『収納力がバツグン!』と記載されていたとしても鵜呑みにせず、『わが家に合うか』の一点を少し冷静な視点で比較し検討することが大切です。

 

キッチンリフォーム、選び方講座

収納スペース

 

 

 

ページトップへ